吹き抜けの天井にできる

注文住宅なら憧れの吹き抜け天井も可能!

自由自在に設計できる注文住宅では、デザインや間取りにこだわる施主も少なくありません。例えば玄関ホールやリビングといったゾーンに、吹き抜けの天井を取り入れるケースなどは、まさにその典型と言えます。 吹き抜け天井では空間を縦方向へ広げるため、室内全体を広々と見せて、開放感を高めることが可能になります。また1階と2階の相互間で視認性や音声がスムーズに通りやすいので、家族間のコミュニケーションも増えるかもしれません。 さらに高い位置に窓を設置すれば、太陽の光をたっぷりと室内に取り入れることも可能です。その結果、室内を明るく健康的に保つことが期待できるでしょう。 同時に風通しが良くなることも、メリットとして見逃せません。1階と2階以上の空間がシームレスに連続するため、空気の循環に優れます。高温多湿のシーズンには涼しく、冬の寒いシーズンでも寒暖差の少ない、快適な室内を実現することが可能になります。

注文住宅で吹き抜け天井を検討する際の注意点とは?

前述したように、吹き抜け天井には様々なメリットや魅力がありますが、実際に検討するにあたっては、幾つかの注意点を知っておくことが求められます。その中でも特に重要になるのが、吹き抜け天井にする目的を事前にハッキリさせておくことです。室内のデザイン性を高めるため、家族間のコミュニケーションを増やす、あるいは空気循環をスムーズにして室内の快適性を強化したい等、その目的を明確にしなければなりません。

もしこれを怠ると、2階部分の床面積が少なくなって使い勝手が悪い、声や視界が通りやすくプライバシーの確保が不十分、空気循環のファンや遮光用のブラインドなどの設置で、余計なコストがかかった等、暮らしはじめてから思わぬデメリットに気づくことになりません。したがってプランの検討段階で目的を明確にした上で、十分な対策を立てることが必要です。

「分譲住宅」は、不動産会社等がある区画の土地を分割し、そこに住宅を建てて土地とセットで販売する住宅です。そのような成り立ちのため、複数の戸建住宅をまとめて販売しているケースが多くなります。