子供の部屋を用意できる

子供のいる将来を想定して子供部屋を

建売住宅はメジャーな住宅設計になっているので、家族構成によっては合わないことがあります。例えば子供部屋のない間取りになっている場合、子供ができてから困ることがあります。子供は思春期くらいになると、自分専用の部屋をほしがるようになる場合が少なくありません。プライバシーについて考えるようになる時期であり、ひとりになる時間の大切さに気づくわけです。

注文住宅は将来に備えた住宅設計ができるので、例えば子供が二人ほしいと考えているのならば、子供ができる前に子供部屋を二部屋用意できます。子供部屋を二階につくる場合、洗面所やトイレなどもあわせて設置しておけば便利です。何度も二階と一階を行き来しなくても済むので、勉強に集中しやすい環境を実現できます。

子供の快適な生活を実現できる

注文住宅の魅力は家族一人ひとりが快適に暮らせる空間を実現できることです。子供部屋をつくるのであれば、騒音が気になりにくい場所がおすすめです。例えば、道路に面した部屋だとクルマが通るたびに騒音が気になり、勉強に身が入らなくなる可能性があります。また子供は臭いに対して敏感なことが多いので、調理時の臭いが届かないように工夫をしたいです。

住宅設計で注意したいのは、玄関を開けるとすぐに階段があり、そこから子供部屋に行ける間取りです。こうした間取りだと親と顔を合わせることなく、子供は自分の部屋に行くことができます。プライバシー面では極めて優れていますが、親との接触が減ってしまう可能性があるので、リビングを通過しないと子供部屋に行けないような間取りが好ましいでしょう。

一戸建ては独立した建物であるため、騒音トラブルやプライバシー侵害などを防ぐことができます。また、専用の駐車場を持てたり、自分好みの庭を作れることも魅力です。